東京私立初等学校協会

聖徳学園小学校(しょうとくがくえんしょうがっこう)

聖徳学園小学校
所在地〒180-8601MAP
東京都武蔵野市境南町2-11-8
TEL0422-31-3839
FAX0422-31-0152
法人名学校法人聖徳学園
創立者和田 幽玄
初代校長和田 玄之
理事長岩崎 治樹
校長和田知之
法人創立年度1927年4月1日
小学校創立年度1951年4月1日
学校男女別男女共学
聖徳学園小学校ホームページを見る

建学の精神

聖徳学園小学校が1969年に教育改革を実施し、英才教育を導入したのは、英才教育の主唱者である伏見 猛弥先生の次のような考え方に基づいたものです。『現在の子どもたちが社会に出て活躍する21世紀は科学技術の進歩は著しく、おそらくコンピュータ時代を迎えるようになる。そうなるとこれまでのように知識を理解させて、それを記憶するような記憶力中心の学校教育では、21世紀の社会では通用しなくなる。むしろ個性的で創造的知能に優れた人間が必要になってくる。』2020年に予定されている大学入試改革の理由を思い見ると、この伏見先生の考え方が今こそ求められていると考えています。

教育理念

「考える力を一生の財産に、20年後の日本を支える人材に育てる」を目標に教育活動を行っています。子どもたちに身につけてもらう力として主に2つを大事にしています。1つ目が人生を切り開いていく「考える力」、2つ目が逆境を自分の成長につなげていく「たくましい心」です。

教育目標

教育目標

自由で伸び伸びとした環境で、子どもと教師の触れ合いを大切にしながら、①一人ひとりの子どもの個性を育てる②知能を伸ばし、創造性豊かな人間性を育てる③正しい心、優しい心、たくましい心を育てるの3つの教育目標の達成を目指し、教育活動を行っています。教育方針として、上記に加え、①知能の幅を広げ、「器」を大きくし、学習能力を高める②子どもの興味・関心を生かし主体的に学ぶ態度を育てる③個性と能力に応じた指導システムの導入④国際理解を深める英語教育の充実の4つを掲げています。子どもの可能性を育てる教育を推進しています。

特徴的な教育実践

ギルフォード博士の知能(IQ)構造理論に基づいて独自の教材、教具、教育システムを開発。知能訓練、ゲーム・工作、などの特色ある授業を通して知能の育成に取り組むほか、各教科でも知能開発を重視している。できるだけ、多くの教師の目で一人ひとりの子どもの個性と能力差を把握し、きめ細やかな指導を行うため、少人数クラス編成、複数担任制やカリキュラム担任制を実施。特別研究(総合学習)や、英語教育、道徳教育、特別活動を教育課程の柱とする。

学校データ

児童総数 1学年クラス数 1クラス定員 学期制度 始業時刻
383名 2クラス 34名 3学期制 8:25
1コマの授業時間 制服の有無 専任教員数 非常勤講師数  
45分 28名 11名  

放課後預かり・講座

アフタースクールを実施。月曜日~金曜日、下校時刻から19:00まで。(18:30~19:00延長対応。)長期休暇中も行います。
預かりに加え、「レゴスクール」「ECCジュニア」「絵画・工作教室」を開講し、学びも充実させています。

土曜日の扱い

週5日制のため基本的に土曜日は休校ですが、月1回程度、学校行事や授業参観などの登校日があります。

昼食(給食)の扱い

お弁当(週5回)。給食センターのお弁当をWeb注文可能。

施設・設備

校庭・講堂・理科室(2部屋)・図書室・音楽室・工作室・プレイルーム(パソコンも設置)・多目的室等、完備。

セキュリティ

24時間警備員常駐、防犯カメラ設置、登下校メール配信システム(校門通過時)、武蔵野警察とのホットライン『学校110番』設置、武蔵野市市内安全パトロール隊『ホワイトイーグル』による巡回。

保護者との関わり

本校には、PTA組織はありません。各クラス2~5名の世話役からなる「世話役会」という組織があります。いくつかの学校行事のお手伝いをしていただきます。

学校行事

[4月]入学式・新入生を迎える会 [5月]スポーツ大会・春の校外授業・修学旅行・ゲーム大会 [6月]オセロ大会・公開研究発表会 [7月]林間学校・イングリッシュキャンプ [8月]国際交流の旅・夏休み[9月]自由研究展・秋の校外授業 [10月]運動会・五目並べ大会 [11月]将棋大会・聖徳祭 [12月]冬休み [1月]百人一首大会・児童会役員選挙 [2月]スキー学校 [3月]卒業生を送る会・卒業を祝う会・卒業式

クラブ活動

4年生以上の児童は1つのクラブに所属し、活動を行う。
[運動部] ○野球部 ○サッカー部 ○バドミントン部 ○バスケットボール部
[文化部] ○器楽部 ○ゲーム部 ○工作部 ○鉄道研究部 ○パソコン部

外国語・国際理解教育

英語の授業は、1・2年生が週1時間、3・4年生が週2時間、5・6年生が週3時間となっている。約15名の少人数制で行う。5・6年生は、ネイティブ講師による授業を週1時間行う。また国際理解教育の一環として、学期に1回程度、様々な国の方を招いて特別授業を実施している。

スクールバス
系列校聖徳幼稚園
聖徳学園中学校
聖徳学園高等学校

交通案内

JR中央線・西武多摩川線 武蔵境駅より徒歩5分。

Googleマップ ルート・乗換検索

すいせん図書

ふしぎの森のミンピン

ふしぎの森のミンピン

リトル・ビリーがあこがれていること。それは庭のむこうの外の世界、なかでも大きなくろぐろとした森を、ひとりっきりでたんけんすること。…

せんせいからのコメント

自分の日常から木の上のこびとたちのミクロの世界、白鳥の背に乗っての広い広い空間から地上を見下ろす世界へ・・・こどもたちの空間や視点…

今の私立小学校を伝える

知能訓練の授業

知能訓練の授業

聖徳学園小学校の特色ある授業の一つとして、1年生から4年生まで『知能訓練』を実施しています。アメリカの心理学者ギルフォー…

聖徳学園小学校ホームページを見る
ページトップ