東京私立初等学校協会

自由学園初等部(じゅゆうがくえんしょとうぶ)

所在地〒203-8521MAP
東京都東久留米市学園町1-8-15
TEL042-422-3116
FAX042-422-3116
法人名学校法人自由学園
創立者羽仁 吉一・もと子
理事長村山 順吉
院長矢野 恭弘
校長佐藤 有子
法人創立年度1921年
小学校創立年度1927年
学校男女別男女共学
自由学園初等部ホームページを見る

建学の精神

ジャーナリストであった羽仁吉一・もと子は「自ら考え、自ら行動する真の自由人をつくる。」ことを目指し、自由学園を創立しました。
熱心なクリスチャンであった創立者の二人は校名を新約聖書の『ヨハネによる福音書』8章32節の「真理はあなたたちを自由にする」からとり自由学園と名づけました。自由学園の自由は、神によって与えられる自由です。それは自分の好きなことを自分勝手にする自由ではありません。

教育理念

1921年、大正10年当時、知識を詰め込む事に重点を置くような教育に疑問を感じた創立者は、自分の頭で考え、行動する真の実力をもった人間を育てたいと考えました。
「思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ」をモットーに、社会に働きかける学校を目指しています。初等部では、創立者の教育理念である「生活即教育」の教育の実現に努めています。教室で行う学科の勉強だけではなく、一日24時間が勉強であると考えています。基本的な学習を元に実生活の体験を通して、心身のバランスのとれた成長に努めています。

教育目標

キリスト教を土台に生活即教育という理念のもと教育を行っています。学習と生活を切り離すのではなく生活の中に学びがあり、学んだことを生活に生かす事を目指しています。創立者の言葉、「よくみる よくきく よくする」を教育の柱としています。対象をよくみること、よくきくことからすべての勉強が始まります。そして学んだ事を友だちの為、人の為、社会の為によく生かすことが大切だと考えています。二つ目、子どもの時代によい生活習慣と気持ちをパット切り替えてやるべきことに向かう姿勢を身につける事が大切だと考え「パット生活」という言葉を残されました。ひとり、一人の成長をていねいに見守ります。

特徴的な教育実践

1.緑豊かなキャンパスの自然を生かして、野菜の栽培、米作り、動物の飼育などを教科の学習につなげています。
2.「多摩川」「貝の勉強」等、実物から学び体験する校外学習を各学年で行っています。
3.自分の考えをまとめる、伝える力をのばすために、毎日、日記を書きます。報告や発表の機会もたくさんあります。
4.食の学びが充実しています。全校児童が保護者中心の手作りの昼食を食堂でいただき、校内の畑で育てた野菜を使う、ざんさいを堆肥にする循環型の仕組みができています。
5、全校遠足,1年生から6年生まで縦割りの活動が毎日の生活に組み込まれ、コミニュケーションの力を育てます。

学校データ

児童総数 1学年クラス数 1クラス定員 学期制度 始業時刻
172人 1クラス 40人 3学期制 8:10
1コマの授業時間 制服の有無 専任教員数 非常勤講師数  
45分 有り 22名 6名  

放課後預かり・講座

2012年に自由学園の学童、JIYUアフタースクール設立。初等部と連携し、豊かな放課後となっている。

土曜日の扱い

基本は隔週登校としている。軽食(パン)をいただき、11時半に下校。保護者会など行事を行う場合が多い。

昼食(給食)の扱い

創立以来、保護者中心の手作りの食事を全校児童、教師が食堂に集まって食べる。食事時間は献立報告、児童から委員会活動などの報告、教師からも教科に関連した話があり食事をするだけに留まらない有意義な時間。

施設・設備

校舎の中で学校生活を過ごすのではなく、豊かな自然環境の中に校舎が点在している中で生活しています。温もりを感じる木造校舎の中心には食堂があります。正午に全員が食堂に集まり食事をします。普通教室のほかに美術工作室 図書室 体育館 特別教室があります。広い芝生の校庭は、体を思う存分動かせます。休み時間には土や木や虫に触れられます。木造校舎は2011年3月の地震では、全く被害がありませんでした。子ども達が子どもらしい生活ができる環境を整えています。

セキュリティ

普段から訪問者に対して挨拶をすること、決められた通学路で通うことが防犯につながる事を子ども達に伝え防犯意識を高めています。年度当初、1年生は最寄駅まで担任、副担任などが引率します。
避難校ネットワーク加盟 登下校確認システム 正門警備員  防犯カメラ  耐震工事完了(震度7程度は建物は全壊しません。)
入校証配布 年3回避難訓練 非常食5日分 宿泊施設有り(中、高等学校寮)

保護者との関わり

卒業までに1年間の役員、年8回の父母会、年2回の個人面談、年6回の昼食作り、また環境整備・図書などのボランティア活動参加をお願いしています。そのほかに授業参観 学習発表会などあります。父母と学校が協力して子ども達の成長を見守ります。

学校行事

学校行事は子ども達と教師で一緒に作り出す事を大事にしています。全校遠足は6年生が1年生の面倒を見て山や海などを目的地としています。収穫感謝祭は、各学年が自分達で育てた野菜で芋の子汁を、お米はお餅つきをしてお餅にして全校で秋晴れの下でいただいて収穫を祝います。隔年開催の勉強報告会は、教師と子ども達がじっくりと総合的に調べ、見学してまとめ、発表します。4月方面別連絡会 5月全校遠足 6月運動会 10月体操会 11月収穫感謝 12月クリスマス 2月芸術鑑賞会 美術鑑賞会   隔年開催の学習発表会(勉強報告会) 4年に1度開催全学園音楽会・美術工芸展

クラブ活動

年間通してのクラブ活動はありませんが、サッカーとバスケットボールの試合に向けて、組全員で練習に励み、試合に臨みます。

外国語・国際理解教育

低学年:歌・チャンツ・絵本の読み聞かせ等を通して、英語独特の音やリズムを楽しみ、基礎的な単語や表現、アルファベットの文字に慣れ親しむ。中学年:わからない言葉であってもじっくり聞き、相手の思いを想像したり内容を推測したりする姿勢を育てる。短い単語を読んだり書いたり、進んでコミュニケーションを図ろうとする態度を養う。高学年:自分の身の回りから日本、世界へと広がりのある内容を扱う。気づき、考え、学びあう活動を通して、主体的に英語を学ぼうとする姿勢を育てる。基礎的な日常会話表現を理解し、短い文を読んだり書いたりする練習を通して、中学英語につなげる。

系列校自由学園中等科男子・女子 自由学園高等科男子・女子

交通案内

西武池袋線ひばりヶ丘駅下車 徒歩8分
電車の場合
池袋より15分 練馬より10分
新宿より26分 渋谷より38分
赤羽より31分 所沢より9分
西国分寺より27分
バスの場合
田無より13分 三鷹より30分
武蔵境より26分 朝霞台より30分
バスと電車の場合
吉祥寺より45分

Googleマップ ルート・乗換検索
自由学園初等部ホームページを見る
ページトップ