東京私立初等学校協会

国立音楽大学附属小学校(くにたちおんがくだいがくふぞくしょうがっこう)

国立音楽大学附属小学校
所在地〒186-0005MAP
東京都国立市西1-15-12
TEL042-572-3531
FAX042-576-5730
法人名学校法人国立音楽大学
創立者有馬大五郎・小林宗作
初代校長有馬 大五郎
理事長長尾 達則
校長星野 安彦
法人創立年度1926年4月1日
小学校創立年度1953年4月1日
学校男女別男女共学
国立音楽大学附属小学校ホームページを見る

建学の精神

自由と自律

教育理念

教育理念

初代校長、有馬大五郎は、「子どもには、いつでも本物を見、聞かせること」という、何よりも体験を重視した考えをとなえました。また、黒柳徹子氏著「窓際のトットちゃん」に出てくる「トモエ学園」の校長であった小林宗作も「リトミックを取り入れた、子どもの感覚・感性を磨き、想像力、創造力を伸ばす教育」を実践するために、本校の創立に携わりました。「豊かな感性を土台とする人間形成」を教育理念として、創立当初から少人数制のもと個の良さを認め合う家庭的な校風を大切にしています。

教育目標

○よく考え、進んで行動する子ども
○思いやりのある、心の温かい子ども
○元気よく遊べる子ども

特徴的な教育実践

各教科基礎の習熟に努め、本物を見、聞かせるなど、体験を重視した教科学習を行っています。造形、音楽などを通して感性を磨くことも大切にしています。なお、理科、体育、英語、音楽、造形は専科制をとっており、専門的かつ充実した教科指導を行っています。音楽系の科目が充実していることも特徴の一つです。音楽A、音楽B、コーラス、リトミック、器楽の授業が学年によりあります。

学校データ

児童総数 1クラス定員 学期制度 始業時刻 制服の有無
305名 20数名 3学期制 8:30
専任教員数 非常勤講師数      
23名 7名      

放課後預かり・講座

無(但し、希望者はピアノ、ウ゛ァイオリン、フルート、クラリネットのレッスンあり)

土曜日の扱い

週5日制のため土曜授業はなし。運動会や一部行事は土曜日に実施。

昼食(給食)の扱い

お弁当(但し、昼食注文システムあり)

施設・設備

現在の新校舎は2007年に完成。学ぶ子ども達への細かな配慮が盛り込まれた、楽しく健やかに勉学に励むことができる充実した施設です。彩りが豊かで採光を工夫した明るい教室が特徴です。冷暖房完備の体育館、温水シャワー完備のプール、音響効果に配慮したリトミック室、理科・音楽・造形・イングリッシュルームなどの専科教室は2部屋ずつ、11部屋全てにグランドピアノを配置したレッスン室、読み聞かせコーナーのある図書室、スクールカウンセラーが在室するカウンセリングルーム、休み時間に先生とのお話や係活動などの打ち合わせのしやすいTコーナーなどの施設があります。

セキュリティ

【警備員】外部からの侵入者対策と登下校時や在校時の安全のために、校門横の警備員室に警備員が在駐しています。【ICカード】児童は、登校するとすぐにICカードを昇降口の機械にタッチします。すると、保護者のもとに子どもの登校時刻を連絡するメールが送られます。下校時も同様です。【地震・火災避難訓練】地震や火災が発生した際の、適正な情勢判断と行動を目指して、訓練を重ねています。それが、緊急時の子ども達の落ち着いた対応に結びつくため、大事な経験となっています。災害時の対応として、全校児童7日分の食料を備蓄しています。保護者が協力して、子ども達の登下校の安全を守る仕組みもあります。

保護者との関わり

学年・クラスごとで授業参観や懇談会を各学期1回ほど行い、学校や子ども達の姿を知って頂いております。1学期末と2学期末には個人面談を行い、より良くお子様の学校生活を知って頂くために担任とお話をさせて頂いています。また、公立のPTAにあたる、わかば会があります。各クラスから数名の協議委員の方々が選ばれ、部に分かれて活動して頂いています。学校公開や運動会などでもお手伝い頂いています。わかば会の役員となることで、学校の様子をよりよく知って頂く機会にもなっています。

学校行事

【遠足】春と秋に一回ずつ行います。毎回登山を行い、自然に触れています。【運動会】9月末~10月初めに行われます。学年を越えた縦割り班を大切に活動しています。本校独自に創作したピアノの曲に合わせた高学年の徒手体操などが特徴的です。【音楽会】11月に国立音楽大学の講堂大ホールにて行われます。日々の学びの成果を発揮することが出来ることを子ども達は毎年楽しみにしています。【宿泊行事】防災泊(1、6年)森の学校(2,3年)、夏の学校(6年)、星の学校(4,5年)、冬の学校(5年)、山の学校(6年)と様々な宿泊行事があります。大自然に触れながら、集団生活の基礎や仲間と協力して生活する姿勢を育みます。

クラブ活動

高学年は、自分が興味を持ったクラブに所属し、友達と協力しあったり競いあったりしながら、自らの力を伸ばしていきます。現在、「理科」「美術」「家庭科」「書道」「リコーダー」「卓球」「バドミントン」「サッカー」「バスケットボール」「新体操」があります。「リコーダー」「新体操」は学期末に発表会を、「理科」「美術」「家庭科」「書道」は学年末に作品展を行います。また、「バドミントン」「サッカー」「バスケットボール」「新体操」は毎年私学体育発表会に参加しています。

外国語・国際理解教育

1年生は週1時間、2年生以上は週2時間英語の授業があります。学年に応じて日本人教師とネイティブ教師のTT(ティームティーチング)を行っています。日本人教師による小学校及び第二言語としての英語教授法の視点、ネイティブ教師による発音指導や読み聞かせなど、教師それぞれの特性を活かした授業を大切にしています。授業では英語圏でよく歌われるわらべ歌や絵本、会話表現など様々な教材を扱います。また、少人数の授業により、一人一人に多くの発言のチャンスがあります。昨年度はオーストラリアの小学校とスカイプを使った交流授業を行いました。

系列校国立音楽大学、国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学附属中学校、国立音楽大学附属小学校、国立音楽大学附属幼稚園

交通案内

JR中央線「国立」駅より徒歩約13分。JR南武線「矢川」駅よりバス5分「音高」下車。

Googleマップ ルート・乗換検索

すいせん図書

窓ぎわのトットちゃん

窓ぎわのトットちゃん

著者はあの有名な黒柳徹子さん。自分の子ども時代を綴った「窓ぎわのトットちゃん」は昭和の時代に大ベストセラーになりました。トットちゃ…

せんせいからのコメント

刊行から35年経った今でもこのお話は音小の子どもたちの心を惹きつけています。今子どもの人、昔子どもだった人みんなに薦める本です。 …

今の私立小学校を伝える

表現―音楽会を通して

表現―音楽会を通して

国立音楽大学附属小学校では言語、身体、音楽、造形など様々な表現活動に力を入れています。表現活動をより豊かにするためには物…

国立音楽大学附属小学校ホームページを見る
ページトップ