東京私立初等学校協会

川村小学校(かわむらしょうがっこう)

所在地〒171-0031MAP
東京都豊島区目白2-22-3
TEL03-3984-8321(代表)
FAX03-3984-9131(代表)
法人名学校法人川村学園
創立者川村 文子
理事長川村 正澄
校長川村 正澄
法人創立年度大正13年4月12日
小学校創立年度昭和7年4月1日
学校男女別女子校
川村小学校ホームページを見る

建学の精神

川村学園は、創立者川村文子により、大正13年(1924年)4月12日、「川村女学院」として創設されました。創立者は、関東大震災の荒廃した社会・世相をわが国の「非常の時」ととらえ、その解決のためには女子教育の振興以外にないと考えました。以後、「感謝の心」を基盤に、「女性の自覚」を目指し、一貫した教育体系を確立し、「社会への奉仕」を実践してきました。この建学の精神は爾来96年、現在も脈々と受け継がれています。

教育理念

創立者は、“人づくり”の根幹は女子教育であるとし「感謝の心」は川村学園女子一貫教育の原点となっています。しなやかで人間力あふれる愛に満ちた女性の育成に欠くことのできない尊い建学の精神と言えます。そして、今後、ますます加速するグローバル社会で、多くの人々と関わるなかにおいて「感謝の心」を基盤とした温かく豊かで優しい心は、必ず輝いて生きる女性の源となります。創立当初から変わらぬ、女性だからこそできる工夫を見につけ、社会や家庭において自立、順応をし、楚々とした女性の自覚を発揮できるよう願っています。

教育目標

生き生きとした子(やさしい心)
健やかな子(じょうぶな体)
自ら学び自ら考える子(かしこい頭)
「感謝の心」を大切にして、心と体と頭をきたえ、未来に輝いて生きる女性を目指します。学校はあらゆる場面が学びの場となります。小学校時代に多くの体験をすることで子ども達は自ら気づき、考え、行動する力を身につけていきます。

特徴的な教育実践

学習の基礎基本を大切にし、授業では、考える力をつけていく工夫を心がけています。また、実際に自分の目で見て、触れて、理解を深める体験学習を多く取り入れています。1年生から始まる週2時間の英語の授業では、音声面を重視したネイティブスピーカーとのティームティーチングや少人数制授業で多くのやりとりを楽しみます。3年生になるとネイティブスピーカーの授業を含め、週3時間に増加します。水泳教育では、室内温水プールで週1回各クラスをレベル別に分け、水泳専門講師が、年間を通し水泳指導にあたります。学期ごとに検定を行い、6年間で4泳法の習得を目指しています。情報教育では、課題解決のために必要な論理的な思考を身につけていくよう指導しています。メディアルーム、情報処理室での授業に加え、高学年になると一人1台のiPadを持ち、各教科にてICTを効果的に活用しています。

学校データ

児童総数 1学年クラス数 1クラス定員 学期制度 始業時刻
457名 2クラス 35名 3学期 8:10
1コマの授業時間 制服の有無 専任教員数 非常勤講師数  
45分 26名 11名  

放課後預かり・講座

月曜日は学校開放、月・金曜日は算数セミナー、火~金曜日はA・Sの開講、水曜日は必修クラブ、木曜日は鶴友会活動を行っています。鶴友会活動では、中高生と時間を共有しています。また、本校からすぐ近くの習い事付き民間学童施設との連携で、学校終了後に活動拠点の移動をサポートしています。放課後の預かり以外にも、長期休暇中の利用や送迎など、保護者の要望にきめ細かく応える体制が整っています。

土曜日の扱い

土曜日は休日とし、年間数日行事等により登校日となります。

昼食(給食)の扱い

本校では給食を「会食」と呼び、月曜日~金曜日に実施しています。材料選びから慎重に行い、自校調理の安心・安全な手作りの食事を心がけています。成長著しい時期に必要な栄養のバランス、エネルギー(カロリー)の充足はもちろんのこと、行事食や彩りなどにも配慮したメニューを作成しています。食を通して、日本の食文化の継承を図るとともに、食につながる様々な人たちや自然が育む命の恵みへの感謝の心を育成します。また、その時のメニューに応じて、お箸のほかにフォーク、ナイフ、ブイヨンスプーンなど使い分けるように指導し、正しいマナーが身につけます。小学校から高等学校までの12年間を通して「食育」の充実を図り、健康な身体づくりを目指しています。アレルギー疾患のある児童には、事前に管理栄養士や会食担当者と面談し、アレルギー区分に基づいて個々に対応しています。

施設・設備

普通教室のほかに、温水プール(赤外線サウナ室あり)、理科室、家庭科室、音楽室、図工室、図書室、読書テラス、読書コーナー、ECルーム、メディアルーム(電子黒板、1人1台のタブレット端末を設置)、フリールーム、作法室、情報処理室(1人1台のPCを設置)、体育館、校庭、築山、屋上、屋上菜園。校舎内は全て冷暖房完備。音楽室、図工室は2部屋ずつあり、学年や用途により使い分けています。図書室の蔵書は約2万4千冊。

セキュリティ

警備員が常駐し防犯カメラを随所に設置、校舎内への立入は受付で身元を確認し許可しています。児童の登下校時間は、目白駅から学校までの通学路に教職員・警備員が立ち安全を確保し、指導にあたっています。児童がセンサーを通過すると、登録されたアドレスにメールが配信されます。また、各方面別の通学班を編成し、混合学年で下校するなど安全指導を行っています。緊急時の登下校で所在不明の児童を出さないため、都内の私立小中高校が取り組んでいる「登校時の緊急避難校ネットワーク」にも参加しています。メール配信システムを導入し緊急時等の保護者との連絡ツールとしています。地震発生時は校内の放送設備と連動した緊急地震速報により速やかに身の安全を図ります。また学園内には自家発電装置を設置した校舎もあり、原則として保護者が引き取りに来るまで、学校に待機させるという方針をとっています。大地震などの災害に備え、全員に3日分の飲料水・非常食と保温アルミシートなどを確保しています。登下校時の緊急事態に対応できるよう、安全ポケットガイド、飲用水(20ml×2本)、LEDライト&ホイッスル、マスク等をコンパクトにまとめた本校オリジナルのレスキューポーチを携帯しています。

保護者との関わり

授業参観、保護者会、学級懇談会。
家庭訪問を行わないため個人面談期間を設け、担任教師と児童の学校での様子、家庭での様子等について話し合い、また連絡帳や健康手帳で学校と家庭で連携をとりながら、よりよい指導のために役立てます。

学校行事

4月入学式、1・2年通学班編成、全校通学班編成・下校、小中高通学班下校、5月3・4・6年春の蓼科学習、安全教室、6月児童総会、1・2年校外授業、3・5年社会科見学、運動会、英語検定、7月1・2年夏の蓼科学習、8月サマーキャンプ、学校開放日、9月2~4年社会科見学、3・5年秋の蓼科学習、6年修学旅行、10月1・2年校外授業、マラソン大会、英語検定、11月鶴友祭(学園祭)、12月冬至会(観劇,芸術鑑賞)スキースクール、1月書き初め大会,学年発表会,英語検定、2月豆まき、4~6年冬の蓼科学習、クラブ見学会、2・3・6年社会科見学、3月会席マナー教室、卒業式

クラブ活動

必修クラブ活動-4年生以上が毎週1時間、自分の適性を生かしてそれぞれの分野で活動します。鶴友祭(学園祭)やクラブ発表会で、活動の成果を発表します。
卓球、新体操、フットサル、バドミントン、科学、演劇、パソコン、家庭科、華道、茶道、筝曲、合唱
鶴友会クラブ活動-4年生以上の希望参加による自主活動組織です。中高の施設を使用したり、専門のコーチの指導を受けたり、本格的な活動ができます。
ブラスバンド、バトン、フラダンス、水泳、剣道、陶芸、書道、家庭科
部活動-5・6年生が6つの部に分かれ、それぞれ奉仕活動を行います。
生活指導部、新聞部、放送部、図書館、美化部、保健会食部

外国語・国際理解教育

将来英語でコミュニケーションを図る基礎を作るため、1年生から週2時間のうち1時間は、ネイティブスピーカーとのティームティーチングで授業を実施しています。もう1時間は、少人数制で英語の語彙力をつけ、より多くの会話の機会を楽しみながら学習を進めます。1年生から英語に触れることで、自然と意味を推測し、「話す・聞く・読む・書く」、そして「考えて対話する力」を育みます。基本的に授業は全て英語で行い、低学年のうちは歌やゲームなどを通して、英語のリズムや音声に慣れ親しみます。 学年が進むにつれ、早口言葉や短い物語の音読や劇遊びで多くの英語に触れ、英語でのコミュニケーションを取る素地を養い、聞いて理解する力、 自分で考えを表現する力を育てます。3年生から週3時間に増時間します。各学年に応じたリーティング教材を使用し、文章の大意を把握できるようにしています。英検取得を奨励し、語彙の充実やリスニングの強化などにより、卒業時までに3級以上を目指します。

スクールバス
系列校川村幼稚園、川村中学校・高等学校、川村学園女子大学・大学院、川村学園女子大学附属保育園

交通案内

JR山手線「目白」駅より徒歩2分、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅より徒歩7分

Googleマップ ルート・乗換検索
川村小学校ホームページを見る
ページトップ