東京私立初等学校協会

愛育養護学校(あいいくようごがっこう)

所在地〒106-0047MAP
東京都港区南麻布5-6-8
TEL03-3473-8319
FAX03-3473-8474
法人名学校法人愛育学園
創立者社会福祉法人恩賜財団母子愛育会
理事長澤田 忍
校長西原 彰宏
法人創立年度1955年6月14日
学校男女別男女共学
愛育養護学校ホームページを見る

建学の精神

愛育養護学校は、昭和十三年、母体である母子愛育会の研究所が設立されたときに、成長のために特別な手助けが必要な子どもたちのために設けられた特別保育室に始まり、戦後の昭和二十四年に再開され、三十年六月に学校教育法の養護学校として都知事の認可を受けた、我が国における先駆的な養護学校の一つです。発達に遅れのある子どもたちの人間形成を重視するという理念の下に、子どもたちの気持ちを丁寧に受けとめて、子どもたちが自由にのびのびと育っていく環境を提供しております。

教育理念

存在感・主体性・信頼関係・自我を軸に、子どもたちがたっぷりと時間をかけて自分自身を育んでいくことを支えていき、それぞれの子どもが、その子にとっての成長をしていけるように、子どものすぐ傍で見守り手伝い、大人も共に育っていく過程そのものが教育なのだと考えています。子どもがゆっくりとくつろぎ、安心して人とのかかわりの中で本来の自分らしさを発揮しながら、それぞれの人生のベースとなる豊かな子ども時代を過ごし、人間形成の基盤をつくることをめざしています。

教育目標

自信を持って楽しく生きる力を育てる 1.自分の存在に自信を持つ力を育てる。2.人を信頼する力を育てる。3.自分で考え、探求し、決定する力を育てる。4.創造する意欲、表現する意欲を育てる。5.人と楽しむ力を育てる。6.社会の中で気持ちよく生きる力を育てる。

特徴的な教育実践

子どもの願いや思いから生まれた遊び・活動、日常生活の必然から学びが展開します。大人が予め設定したカリキュラムや教科や時間で区切られた時間割はあrません。子どもたちが大人のかかわりや仲間とのかかわりの中で主体的に学校生活を展開するその軌跡がこの学校のカリキュラムです。子どもが自分の興味関心のあることをとことん追求し、自分で考えてやってみて試行錯誤しながら自分なりの学びを積み重ねていくことを大事にしています。また、学年によるクラス分けをしていますが、学校内の空間や人間関係は子どもたらが自ら選んで自由に使えるように心がけています。

学校データ

児童総数 1学年クラス数 学期制度 始業時刻 1コマの授業時間
16 年によって子どもの様子に合わせてクラス編成を行います。 3学期制 9:30 一日の流れは、子どもの意志と、仲間との関係の中で生まれる展開によってつくられます。友だちと誘い合ってお弁当にしたり公園に出かけたりします。子どもが自ら活動を始めて、自分で終わりにすることを大切にしています。
制服の有無 専任教員数 非常勤講師数    
7名 8名    

土曜日の扱い

水曜日は休業で、土曜日は授業があります

昼食(給食)の扱い

お弁当等、昼食はご家庭で用意していただいています。

保護者との関わり

新年度ガイダンスに始まり、年間を通じて保護者同士が子育てのことなどを語り合い学び合えるような懇談会を企画しています。保護者会では主に、チャリティーバザーや広学校便りの編集・発送など後援会活動の手伝いをしていただいています。

学校行事

学校での毎日は、子どもたちが自ら見つけた活動をまわりの人たちと共に発展させ、積み重ねています。子どもたち自身が生活をつくる日常を大切にしているので、予め設定した学校行事は多くはありません。日常の中から湧いてきた子どもたち自身や大人のアイデアや思いから、仲間と一緒に楽しめそうな活動、それぞれの興味・関心が広がりそうな企画が生まれます。入学式(1年生のみ)、卒業式、クラスごとの遠足の他には、コンサート、クリスマスお楽しみ会など(いずれも自由参加)が恒例となっています。

スクールバススクールバスはありません

交通案内

地下鉄日比谷線「広尾駅」出口1番または2番 徒歩8分

Googleマップ ルート・乗換検索

今の私立小学校を伝える

生活の中から学ぶことの大切さ

生活の中から学ぶことの大切さ

愛育養護学校では、予め設定された時間割はありません。子どもたち一人ひとりが自分の一日一日を、周りの友だちや大人たちと共に…

愛育養護学校ホームページを見る
ページトップ